わざふく ~自閉症児の父になって~

知的障害ありの自閉症息子と共に生きる父親のブログ

【感謝】人見知りオヤジでも行けたぞ!発達障害児 親の会(初参加)

現代の育児においては、

 

「父親の協力は必要不可欠」と、よく言われます。

 

それが発達障害児の育児であれば、なおのこと、

 

「父親の協力は必要不可欠」でしょうね。

 

 

f:id:sousou5kiyo:20190911223841j:plain

 

 

こんにちは!まりたくです!

 

行ってきました。行ってきましたよ!

 

私まりたく、「発達障害児 親の会」に、行ってきましたよ!

 

 

この記事では、超絶人見知り根暗オタク親父である私まりたくが

 

人生史上初めて参加した「親の会」の一部始終を記載します。

  

 

発達障害のイメージを変えるんだ!」とかなんとか、

 

いつも大口たたきまくっていて、結局何も行動できていないのが私です。

 

要は、口だけオヤジなんです。

 

でもそんな私が、ついに行ってきましたよ。親の会。

 

感想を一言でいえば、

 

「楽しかった!」

 

もう一言付け加えさせてもらえるのであれば、

 

「もっとうまいこと話したかった!」

 

そんな会でした。

 

 

 

以下、具体的に語らせてもらいます。

 

 

 

目次

 

 

 

 

会の概要

参加者は、主催者・スタッフさん含め、総勢約10数名でした。

 

主催者・スタッフさんを含むすべての参加者が、発達障害児の親御さんです。

 

とある施設の一室を借りて、主に育児に関する話題をくっちゃべる場でした。

 

 

会は11時から開始でしたが、いろいろあって私は開始時刻には間に合いませんでした。

 

12時30分ごろに会場に到着し、15時ころまでの約2時間30分。

 

私はおしゃべりに参加させてもらいました。

 

 

 

先輩ママパパたちの貫禄

f:id:sousou5kiyo:20190911224409j:plain

 

参加されたすべてのママさん・パパさんが、私から見ると”先輩”でした。育児面において。

 

だからこそ、様々な知識や、貴重な経験談を聞かせてもらえました。

 

ネットやSNSとかの検索ではなかなかたどり着けないレベルの、

リアルな体験談です。

 

これは決してイヤミではなく、みなさん本当によくしゃべる方々でしたw

 

それだけ、大変なご苦労をされてきたのだと思います。

 

 

 

男性参加者に救われた

参加者10数名のうち、父親の参加者は、私を含めて2名だけでした。

 

言い換えれば、私以外の父親は、1名だけでした。

 

その1名のお父様(以下、Kさん)が非常に接しやすい方で、私は主に、そのKさんと話していました。

 

Kさんは、私と同じく、知的障害ありの自閉症スペクトラムのお子様をおもちであり、共感できるところがいっぱいありました。

 

超絶人見知り&コミュ障の私でも、わりとしっかり話せてしまうくらい、本当にいいひとでした。

 

Kさんのおかげで、私はかなり救われたところがあります。ありがとうございました。

 

 

 

障害児育児に対する父親ごとの温度差

f:id:sousou5kiyo:20190911225017j:plain

 

Kさんと話している中で、

 

「障害児育児に対する父親の関心度には、人によって大きな差があると思う」

 

という話題がでました。

 

「熱心な父親もいれば、まったく無関心な父親もいる。我が子の障害を認めようとしない父親もいる。その開きがすごい。母親とはちがう」と。

 

そして、

 

「父親が育児に興味・関心を示さないことに、大変なストレスを感じているお母さんが多い。

 ここにもいる」

 

という話に至りました。

 

なかなか深刻な問題だと思いました。

 

「”父親会”みたいなものをつくろうにも、そういう状況だからつくりにくい」

 

というわけです。

 

”親の会”っていうと、どうしても母親が中心の会が多いわけです。いやそれはそれで大いに結構なんですが、

 

父親ももっとがんばろうぜ!

 

と、思いました。いやもちろん、みんな自分なりにがんばっているわけなんですがね。

 

この話の流れから、単細胞な私は、ほんとシンプルに

 

「”父親会”をつくりたいな」

 

と、思いました。

 

 

 

”似たもの母ちゃん”と話せなかった後悔

f:id:sousou5kiyo:20190911225252j:plain

 

先にも触れたとおり、今回の会では、私よりも”先輩”にあたる親御さんが多めでした。

 

そんな中、自閉症スペクトラム+知的障害ありの、4歳の子どもがいる」というお母様が1名、いらっしゃいました。

 

つまり、私と大変似た境遇にあるお母様です。

 

ほんとこれ変な話じゃなくて、私はそのお母様に大変興味をもちました。

 

「話してみたい!」と思いました。

 

しかし、超絶引っ込み思案な性格の私が、ここで出てしまいました!

 

話せなかったのです。

 

そのお母様とは、ほぼほぼ話せませんでした。

 

これに関しては本当に残念でした。また次の機会があれば!というところです。

 

 

 

ブログの宣伝、ほぼできず

 「私、発達障害の息子を主なテーマとしたブログをやっているんです」

 

って、

 

言えませんでしたw

 

これを言うことで話のネタになり、いろいろ話せるかと思ったのですが、

言えませんでしたw

 

「いや言えよw」って話なんですが、超絶口ベタヘタレボーイの私には、言えなかったのです。

 

Kさんにだけはなんとか言えましたが、それ以外の方に対してはついに言えずじまい!

 

もうちょっと、自己アピール術をみがきたいところですね orz

 

 

 

必死のつくり笑顔

f:id:sousou5kiyo:20190911225544j:plain

 

「つくり笑顔」って言葉。

 

「なんだかいい人ぶってる」みたいなイメージを持たれている方も多いかもしれませんが、

 

私は、「つくり笑顔肯定派」ですw

 

だって、ムスッとしてその場の空気を悪くするよりも、

 

つくりモノでもいいから、笑ってその場を和ませるほうがずっといいじゃない。

 

と、思うんです。

 

超絶暗黒男子の私は、無意識のときは本当にムスッとしています。そんな顔をしていたら、場の空気を悪くしてしまいます。

 

だから今日の会でも、意識的に笑顔をつくるように努力していました。

 

もしかしたら、他の参加者の方からは、「不自然な笑顔のオッサンだなw」と思われていたかもしれません。

 

でも、それでもいいんです。私は私なりに、がんばって笑っていましたw

 

 

 

ツイッター内でしか見たことのなかった人が目の前に!

f:id:sousou5kiyo:20190805031358j:plain

 

この会に参加する前の話です。

 

とある人を、私はツイッター上で知っていました。

 

発達障害児の親ではあるけれど、いつも明るいツイートをしていて、人気者の方でした。

 

ポジティブ系ツイートがバズって、数万件のリツイートを獲得していた、人気者の方でした。

 

 

今日の親の会終了後、私がツイッターを眺めていると、その人気者の方がこうつぶやいていました。

 

「親の会で集まってきたよん」

 

!?

 

え! あの人!

 

あの、人気者の人!

 

あの場にいたんかーい!

 

驚きました。

 

ツイッター上でしか知らなかった人気者が、普通に、リアルに私の目の前にいたのです。

 

「世の中、せまいもんだな」と思った瞬間でした。

 

 

 

最強妻からのツッコミ

f:id:sousou5kiyo:20190908225622j:plain


親の会の中で私は、息子の脱走話を、例のお父様(Kさん)に対して話しました。

 

”脱走”の記事はコチラ↓

mari-and-taku.hatenablog.com

 

事情により私は会の途中で帰宅したわけですが、その後、Kさんからこんなダイレクトメッセージが届きました。

 

「脱走について、あのあとみなさんとも相談してみました!」

 

とのことで、”脱走”に関するアドバイスをいくつか送っていただきました。

 

私は、そのアドバイスももちろんありがたかったのですが、

 

私が帰った後に、私の悩みごとをみんなに相談してくれた、

 

そのKさんの心遣いにとても感動しました。

 

 

という話を、私は妻に話しました。

 

すると妻からこう言われました。

 

「そのことを、Kさん本人に伝えたの? 感動したってことをさ。」

 

「いや伝えてないけど。」

 

「それ伝えなきゃ意味ないじゃん!!!

 

 思ってただけじゃあ何の意味もないでしょ!!!

 

 さっさとその思いをKさんに伝えなさいよ!!!

 

 まったく!!! 何考えてんの!!!!!」

 

まったく、長官様(妻)の言うことは、ほんと正論です。

 

頭があがりません。

 

私はすぐに、Kさんに感謝の意を伝えるダイレクトメッセージを送りました。

 

妻とKさんに感謝です。

  

 

 

さいごに

f:id:sousou5kiyo:20190630040204j:plain

 

というわけで、良かった点もあれば反省点もある、

 

そんな結果となった「初めての親の会」でした。

 

いやしかし楽しかったです!

 

参加者のみなさん、ほんとみなさんいい人ばかりでした!

 

非常に良い勉強にもなりましたし、非常に良い刺激にもなりました。

 

素直に、「また参加してみたい!」と思いました。

 

そして、、、、

 

 

 

”父親会”、つくったろうぜ!!!!!

 

  

 

今日はここまで!

  

 

 

よろしければ、Twitterのフォローおねがいします!

記事の更新情報や裏話、記事の元ネタになりそうな話などをつぶやいています。

 

はてなIDをお持ちの方は、読者登録もしていただけると嬉しいです!

 

勢いあまった方は、応援クリックもしてくれると有頂天!


自閉症児育児ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
にほんブログ村

 

まりたくのプロフィール記事はコチラ↓

mari-and-taku.hatenablog.com